ホーム熱帯魚図鑑

1本の赤いラインが特徴的な熱帯魚

レッドライン・ラスボラを飼育しよう!!

レッドライン・ラスボラを飼育しよう!!

派手さはありませんが、シンプルかつとても美しい熱帯魚『レッドライン・ラスボラ』。

その名の通り、透明感のある体に一本の赤いラインが入った魚です。

そんなレッドライン・ラスボラの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖などご紹介します。

どうぞ、ご覧ください。

<広告>

レッドライン・ラスボラってどんな熱帯魚?

サイアミーズ・フライングフォックスってどんな熱帯魚?

学名:Rasbora pauciperforata

分類:コイ目コイ科ラスボラ属

特徴は?

レッドライン・ラスボラはその名の通り一本の赤いラインが特徴的な熱帯魚です。

透明感のある体に赤いラインが一本入っていて、派手さはないシンプルな魚です。

しかし、良い環境で飼い込まれたレッドライン・ラスボラはとても美しく魅力的な姿を魅せます。

実はこの赤いラインは気分や体調で濃淡が変化し、状態が良く魚の気分が良いと色が濃くなります。

その為、赤いラインは体調のバロメーターでもあるんです。

どの種類の熱帯魚?

レッドライン・ラスボラは小型のコイの仲間です。

レッドライン・ラスボラとよく似た魚で、グローライトテトラという小型カラシンの仲間の熱帯魚がいます。

この2種類の熱帯魚、容姿は似ていますが、行動や好む水質も全然違います。

故郷はどこ?値段は?

故郷はマレー半島やスマトラ島、インドネシアなどです。

値段は1匹150~200円ぐらいです。

どれぐらいの大きさになるの?

レッドライン・ラスボラは体長は6~7cmぐらいになります。

飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

性格はとても温和です。

大きさの違いすぎる魚や攻撃性のある魚以外は混泳可能です。

群れで泳ぐ習性がある為、10匹以上で飼育すると良いでしょう。

少ない匹数で飼育すると物陰に隠れてしまう事が多いです。

水温・水質について

好む水温:22~26℃
好む水質:弱酸性

導入時の水合わせさえ失敗しなければ、とても丈夫な魚です。

しかし、美しい容姿にしようと思えば、それなりの水質環境を作り出し、維持する必要があります。

レッドラインラスボラの美しい容姿を引き出す水質については、『飼育のコツ・注意点は?』の部分でご紹介します。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★☆☆☆☆
とても丈夫な魚なので、初心者の方にとてもおすすめの熱帯魚です。

餌は何でも食べますので、特に気にする事はありません。

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は大体3~5年ぐらいです。

とても丈夫な魚ですが、白点病コショウ病にかかる事があるので注意してください。

レッドライン・ラスボラの繁殖

繁殖は容易?

レッドライン・ラスボラですが、繁殖は難しいです。

オスとメスの見分けが少しわかりにくいです。

オスはシャープな体型でメスはお腹がふっくらとしています。

繁殖について

繁殖が難しい理由として、環境を整えて維持しないといけないという面があります。

アマゾン川の水質のような茶色い水(ブラックウォーター)を作り出さなければいけません。

さらに低phで、カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない軟水を準備しなければいけません。

ペア作りから産卵までがとても難しいです。

水槽にはウィローモスなどの水草を入れるようにしてください。

ウィローモスに卵を産み付けます。

卵は親魚や他の魚に食べられてしまう可能性があるので、隔離するようにしてください

卵は2~3日で孵化します。

稚魚が泳ぎ始めたらブラインシュリンプをあげるようにしてください。

飼育のコツ・注意点は?

水槽には蓋(ふた)をする!!

レッドライン・ラスボラですが、飛び出し事故の多い熱帯魚です。

その為、水槽には蓋をするようにしてください。

水槽の水位をあまり高くしないという方法も効果的です。

導入時は慎重に!!

レッドライン・ラスボラはとても丈夫な熱帯魚ですが、導入時は失敗しやすいので注意してください

水合わせは必ず点滴法で、じっくり時間をかけて行うようにしましょう。

美しい容姿を引き出すには?

普通に中和した水道水でも飼育は出来ますが、赤いラインは薄くなってしまいます。

その美しい容姿を引き出すには、それなりの環境を準備してあげなければいけません

基本的にレッドライン・ラスボラはブラックウォーターの流れる川に生息しています。

美しい容姿を引き出すには弱酸性の軟水、さらにブラックウォーターの環境を作ってあげてください。

この環境を作り出し、維持してあげればとても美しい発色になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回はレッドライン・ラスボラをご紹介しました。

レッドライン・ラスボラは赤いラインが特徴的な熱帯魚です。

水草にもとても映える熱帯魚ですし、群泳させると美しい熱帯魚です。

赤いラインは体調のバロメーターになっていて、調子が良いと濃くなります。

飼い込んで美しい容姿を引き出そうと思うと環境を整えないといけないので難しい面があります。

しかし、導入時の水合わせさえ失敗しなければ、とても丈夫な魚で初心者でも飼育しやすい熱帯魚です。

ぜひ、挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!