ホーム熱帯魚図鑑

オレンジのラインが美しい熱帯魚

グローライトテトラを飼育しよう!!

グローライトテトラを飼育しよう!!

半透明の体色にオレンジのラインが特徴的な熱帯魚『グローライト・テトラ』。

古くから愛されてきた人気の種類で、初心者でも飼育しやすい熱帯魚です。

そんなグローライトテトラの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖・種類などご紹介します。

どうぞご覧ください。

<広告>

グローライトテトラってどんな熱帯魚?

グローライトテトラってどんな熱帯魚?

学名:Hemigrammus erythrozonus

分類:カラシン目カラシン科ヘミグランムス属

特徴は?

半透明の体色に尾ビレから頭にかけて入っているオレンジのラインがとても美しく、しっかり飼いこむことでヒレの縁が白く色づく熱帯魚です。

グローとは、白熱や光、輝きといった意味があり、鮮やかで内側から輝いているようにオレンジのラインが光ります。

その輝きは夜の高速道路の写真などによくある「光跡」のようでとても幻想的です。

餌を何でも食べてくれ、丈夫な熱帯魚なので、古くから愛されてきた人気の種類で、初心者の方にもとてもオススメの飼育しやすい熱帯魚です。

どの種類の熱帯魚?

グローライトテトラは小型カラシンの仲間です。

ネオンテトラと同様に東南アジアで養殖されている為、流通量の多い種類なのでどこのショップでも目にすることが出来ると思います。

故郷はどこ?値段は?

故郷は南米ガイアナなどです。

値段は1匹100円ぐらい~で手ごろです。

どれぐらいの大きさになるの?

体長は4cmぐらいになります。

飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

性格はとても温和です。

大きさの違いすぎる魚や攻撃性のある魚以外は混泳可能です。

同種はもちろん他の熱帯魚とも群れを作って泳いでくれます。

ある程度まとまった数での飼育すると状態よく育ちます。

水温・水質について

好む水温:24~28℃
好む水質:弱酸性~中性

非常に丈夫な魚で幅広い水温や水質に適応できます。

初心者にオススメなのですが、水質や水温の変化に敏感で、急激な変化に弱いです。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★☆☆☆☆
簡単ですが、水質に注意が必要な為、グッピーなどに比べると少し難しい感じです。

餌は小型カラシンの餌がオススメです。

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は2~3年ぐらいです。

水温が低いと白点病水カビ病カラムナリス病などの病気になりやすい為、注意が必要です。

水質が悪化すると透明な体色が白濁する!?

グローライトテトラの透明な部分が白濁する場合があります。

透明な部分が白濁したら、水質が悪化している可能性が高いです。

すぐ水質を改善する為、水換えをし、環境改善をしてください。

放っておくと病気になってしまったりなど、大きなダメージを負うことになるので、早めにリカバーしましょう。

グローライトテトラの繁殖

グローライトテトラの繁殖

繁殖は容易?オスとメスの見分け方は?

繁殖が難しいと言われる小型カラシンの中で、グローライトテトラは比較的繁殖が容易とされている熱帯魚です。

オスとメスの見分け方ですが、オスはスマートな体型で、メスはお腹がふっくらしている為、なんとなくは区別できると思います

繁殖について

オス1匹に対して、2~3匹のメスを入れてあげると良いと思います。

メスをオスが頻繁に追い掛け回すようになったら、繁殖のサインです。

繁殖に成功すると水中や床などに卵をばら撒きます。

卵は沈みます。

ウィローモスなどの水草を入れてあげると良いと思います。

卵は小さく他の魚や親魚に食べられてしまうので隔離が必要になってきます。

1~2日経過すると孵化します。

稚魚には1週間程度してから、ブラインシュリンプなどをすりつぶして少量だけあげるようにしてください。

グローライトテトラの種類

グローライトテトラにはアルビノ品種がいます。

アルビノ・グローライトテトラ

白い透明の体に淡いオレンジのラインが入ります。

原種とは一味違う雰囲気が楽しめます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(熱帯魚)アルビノグローライト・テトラ(30匹)
価格:2550円(税込、送料別) (2019/9/3時点)


グローライトテトラ飼育のコツ・注意点は?

古い水に弱いので定期的な水換えが必要

グローライトテトラは水質悪化には比較的強いのですが、水が古くなると病気になりやすくなります。

透明な部分が白濁したら、すぐ水換えをするようにしてください

餌やりに注意が必要!?

グローライトテトラは口に入るものなら何でも食べるので、熱帯魚の餌として出回っているものなら本当に食べます。

食べ過ぎてお腹がパンパンになっても食べ続けますので、与えすぎに注意してください

混泳している場合は、グローライトテトラだけが餌を食べて他の魚に餌が行き渡らない場合がありますので、注意してあげてください。

食べ過ぎると太ってしまいますし、寿命を縮める事にもなりますので、餌を与えるときは少量にしてください。

まとめ

グローライトテトラは丈夫で飼育しやすく、繁殖も狙える為、初心者にとてもオススメの熱帯魚です。

飼い込む事で発色が良くなると評判の熱帯魚です。

餌やりと水が古くならないように気を付ければ、特に注意することがないです。

他の熱帯魚とも、仲良く群れてくれる熱帯魚ですし、とても美しい魚ですので、ぜひ挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!