ホーム熱帯魚図鑑

淡いレモン色に輝く熱帯魚

レモンテトラを飼育しよう!!

レモンテトラを飼育しよう!!

淡いレモン色に輝く熱帯魚『レモンテトラ』。

群泳がとても魅力的な熱帯魚でしっかり飼い込む事で黄色の発色が強く出て、とっても綺麗な熱帯魚です。

そんなレモンテトラの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖・種類などご紹介します。

どうぞ、ご覧ください。

<広告>

レモンテトラってどんな熱帯魚?

学名:Hyphessobrycon pulchripinnis

分類:カラシン目カラシン科ハイフェソブリコン属

特徴は?

レモンテトラはその名の通り体色がレモン色に染まる美しい熱帯魚です

目の上が赤くなっており、それがアクセントとなってとても綺麗です。

レモンテトラ飼育の最大の魅力は色揚げです。

しっかりと飼い込む事で黄色の発色が強くなり、さらに体高があるので見応えも十分です。

どの種類の熱帯魚?

なんとなくお気付きだと思いますが、レモンテトラは小型カラシンの仲間です。

ネオンテトラなどと同じ仲間の熱帯魚になります。

故郷はどこ?値段は?

故郷はブラジル南部・ギアナなどです。

値段は1匹150円ぐらいと安価です。

どれぐらいの大きさになるの?

体長は4~5cmぐらいになります。

飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

レモンテトラですが、性格はとても温厚です。

大きさの違いすぎる熱帯魚や気の荒い攻撃性を持つ熱帯魚でなければ、混泳は可能です。

群れを作る習性が強い為、飼育するときは10匹以上で飼育してあげると良いと思います。

飼育してみると確かに常に群れを作っている感じですが、あまり泳ぎ回らず群れで一箇所に留まっていることが多いです。

水温・水質について

好む水温:20~26℃前後
好む水質:弱酸性~中性

飼育も容易で比較的丈夫な為、入門魚としてもとてもオススメです。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★☆☆☆☆
簡単ですが、水質に注意が必要な為、グッピーなどに比べると少し難しい感じです。

餌は小型カラシンの餌がオススメです。

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は4~5年ぐらいです。

小型カラシンの中でも寿命が長く、環境によっては7~8年ぐらい生きます。

白点病カラムナリス病にかかりやすいので注意してください。

水草水槽では注意が必要!!

グリーンネオンテトラと同様で草を食べる性質が強いのも特徴です。

水草を育成している場合、食害を受ける可能性があるので注意が必要です。

レモンテトラの色揚げ

レモンテトラの黄色は餌による色揚げは出来ません

レモンテトラを黄色く綺麗に仕上げる為には、水質を維持する事が重要になってきます。

ph6.5~7.0ぐらいの弱酸性を保ち、しっかりと時間をかけて飼育する事で綺麗な黄色の発色が現れます

ブラックウォーターを作り出すと水質が維持しやすくなります。

レモンテトラの繁殖

繁殖は容易?オスとメスの見分け方は?

レモンテトラは小型カラシンの中でも繁殖が比較的容易です。

オスの方が黄色の発色が強く、メスは産卵間近になるとお腹がふっくらしてきます。

繁殖について

オスとメスを群泳させていれば、自然に繁殖してくれます。

オスはさわしなく泳ぎ回るようになり、小刻みに体を震わせてメスにアピールします。

メスは卵をばら撒くように産卵します。

卵は他の魚に食べられてしまう可能性があるので、混泳させている場合は隔離した方が良いです。

稚魚が小さいので、孵化した稚魚が食べられないように、卵を産んだら親魚も隔離した方が無難かもしれません。

稚魚の餌ですが、まずはインフゾリアを与えて、少し大きくなってからブラインシュリンプを与えるようにしてください。

レモンテトラの種類

レモンテトラにはいくつか改良品種が存在しますが、あまり流通していません。

アルビノ・レモンテトラ

レモンテトラのアルビノ種です。

透明感のあるクリームイエローがとても綺麗な種類です。


スーパー・レモンテトラ

成長するにつれ赤みがかった黄色に体色が変化していく種類です。

ボリビアン・レモンテトラ

ボリビア産として輸入されているレモンテトラの一種です。

頭と各ヒレが橙赤色で体が透明感のある黄~橙色の種類です。

ピーチ・レモンテトラ

レモンテトラをピンクにしたような外見を持つ珍しい種類です。


飼育のコツ・注意点は?

水草を育成している場合は注意が必要!!

レモンテトラは草を食べる性質が強い為、水草を育成している場合は少し注意が必要です。

餌をそっちのけで草を食べるほど草食性は強くありませんが、小腹がすいたら柔らかい草をかじり始めます。

餌をこまめに与えて、お腹を空かせないようにすることが水草を一緒に育てるうえでのポイントになってきます。

水換えは定期的に!!

水質に比較的丈夫な熱帯魚ですが、古い水に弱い面があります。

かかりやすい病気もありますので、定期的に水換えをしましょう。

レモンテトラを長生きさせようと思ったら水質を管理する事も重要になってきます。

まとめ

今回はレモンテトラについて紹介しました。

水草をかじる習性がありますが、水草にとてもよく映える熱帯魚でもあります。

比較的丈夫で繁殖も容易、混泳も楽しめるので初心者にとてもオススメの熱帯魚です。

色揚げは少し難しいところはありますが、ぜひ、挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!