ホーム熱帯魚図鑑

活発でせわしく泳ぎ回る熱帯魚

スマトラを飼育しよう!!

スマトラを飼育しよう!!

グッピーやネオンテトラと並ぶ代表的な魚『スマトラ』。

縞模様の個体から緑がかった体色の種類まで色や柄も豊富な人気の種類で、活発でせわしく泳ぎ回る熱帯魚です。

そんなスマトラの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖・種類などご紹介します。

どうぞ、ご覧ください。

<広告>

スマトラってどんな熱帯魚?

スマトラってどんな熱帯魚?

学名:Puntius tetrazona

別名:ハセマニア

分類:コイ目コイ科プンティウス属

特徴は?

スマトラは黒い縞模様の個体から緑がかった体色の個体まで品種改良が多く行われている為、バリエーションが豊富です。

古くから熱帯魚として飼育されている歴史の深い熱帯魚です。

泳ぐのが早く、とにかく活発な魚で、水槽の中をせわしく泳ぎまわっている事が多いです。

体が小さいのに与えた餌はいくらでも食べてしまう習性があります。

どの種類の熱帯魚?

スマトラはコイの仲間です。

故郷はどこ?値段は?

その名の通り東南アジアのスマトラ島やボルネオ島などです。

値段は1匹400円ぐらい~で一般的なグリーンやアルビノなども大体同じぐらいです。

カラーバリエーションが豊富な魚なので、いろんな色を購入して水槽を彩る事も出来ます。

どれぐらいの大きさになるの?

体長は6cmぐらい、大食感なので他の熱帯魚に比べて成長が早く、最初の1年ぐらいで4cmほどの大きさになります。

飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

性格は気性の荒い魚として有名で縄張り意識が強く、同種同士でも威嚇して喧嘩したりします

基本的に混泳は無理だと思って頂いた方が良いです。

ネオンテトラなどの温和な性格の魚だとつつかれてしまいますし、ヒレの長い熱帯魚のヒレをかじる攻撃性を持っているので、グッピーやエンジェルフィッシュ、ヤマトヌマエビやロングフィンと呼ばれるヒレの伸びる種類の魚は間違いなくやられてしまいます。

ひとたびスイッチが入ると戦闘態勢に入るその姿から別名『タイガーバブル』とも呼ばれています。

混泳できる熱帯魚としては、ゼブラダニオなどの同じ運動量でヒレの短いコイの仲間や体の硬いプレコ、同サイズのシグリッド種などは大丈夫なようです。

エンジェルフィッシュも大きければ混泳は可能みたいですが、小さいサイズだと確実にやられてしまいます。

ネオンテトラとの混泳の例はありますが、いつそのバランスが崩れてもおかしくないので混泳させない方が良いでしょう。

混泳が可能な魚でも様子を見た方が良いと思います。

生き物なので100%はありません。

個体によってはどんな熱帯魚とも混泳に向かないスマトラもいます。

水温・水質について

好む水温:20~28℃
好む水質:弱酸性~中性

水質の変化や適応できる水温の幅が比較的広く丈夫な魚です。

初心者の方でも飼育しやすい熱帯魚です。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★☆☆☆☆
混泳さえ気を付ければ、丈夫なのでとても飼育しやすい魚です。

餌は生餌を好みますが、何でもよく食べます

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は3~5年ぐらいです。

丈夫な魚なので、気にするような病気はありませんが、白点病水カビ病などになる事があるので注意が必要です

スマトラの繁殖

スマトラの繁殖

繁殖は容易?オスとメスの見分け方は?

スマトラは比較的繁殖させやすい熱帯魚です。

オスは背ビレに赤い発色があり、体色も鮮やかです。

メスは発色が薄く、全体的にふっくらしています。

繁殖について

オスとメスをペアで2匹泳がせているだけで自然に繁殖してくれます。

ウィローモスなどの水草が産卵床となるので、水槽には必ず入れてあげください。

気性の荒い熱帯魚には食卵性があるので、自ら産んだ卵を食べるので、隔離が必要です。

親魚を別水槽に移すなどしてください。

卵は1週間ぐらいで孵化します。

稚魚にはブラインシュリンプやイトミミズを細かくしてあげてください。

最初はあまり食べないですが、3日ぐらい経つと食べてくれるようになるので、気長に待ってしっかり餌を与えましょう。

スマトラの種類

スマトラは品種改良が盛んなので、いろいろな品種がいます。

ここでは一般的なものを3種類ご紹介します。

スマトラ

オレンジ色に暗緑色のバンドと赤いヒレが特徴的なスマトラです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(熱帯魚)スマトラ(6匹) 北海道・九州航空便要保温
価格:1010円(税込、送料別) (2020/1/9時点)


グリーンスマトラ

身体がグリーンメタリックに輝くすごく綺麗なスマトラです。


アルビノスマトラ

アルビノ種でオレンジと白の縞模様が美しいスマトラです。


飼育のコツ・注意点は?

餌やりは注意が必要

与えた餌はいくらでも食べてしまう習性がある為、とにかくよく食べます。

しかし、食べるからといっていくらでも餌を与えると、消化不良に陥りやすいです

弱い個体は餌を食べられずに痩せてしまいます。

餌を与えるときは腹部のハリや体格をチェックしてください。

とにかくよく食べますが餌のあげ過ぎは水質悪化にもつながる為、注意が必要です。

混泳は無理と考えた方が無難

スマトラは気が荒い熱帯魚としてとても有名です

同種でも小競り合いを起こすので、隠れ家を用意してあげてください。

ネオンテトラとの混泳例があったりしますが、混泳は無理と考えた方が無難です。

個体による為、どんな熱帯魚とも混泳に向かないスマトラもいます。

まとめ

スマトラまとめ

スマトラは気性が荒く、混泳に向かない熱帯魚です。

しかし、水温や水質の適応範囲が比較的広く、環境に慣れてしまえば、とても丈夫な魚です。

カラーバリエーションも豊富で餌もよく食べ、とにかく動き回るので観察するのがとても楽しい熱帯魚です。

単独で飼育するのであれば、初めて熱帯魚を飼育する方にもとてもオススメの熱帯魚です。

ぜひ、挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!