ホーム熱帯魚図鑑

縞模様がとても美しく、活発な熱帯魚

オレンジグリッター・ダニオを飼育しよう!!

オレンジグリッター・ダニオを飼育しよう!!

黄色からオレンジに輝く体色とヤマメのような縦ラインが特徴的な『オレンジグリッター・ダニオ』。

とても美しい熱帯魚で近年になって急激に人気が出た熱帯魚でもあります。

そんなオレンジグリッター・ダニオの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖などご紹介します。

どうぞご覧ください。

<広告>

オレンジグリッター・ダニオってどんな熱帯魚?

オレンジグリッター・ダニオってどんな熱帯魚?

学名:Danio choprai

別名:グローライトダニオ

分類:コイ目コイ科ダニオ属

特徴は?

オレンジグリッター・ダニオといえばメタリックなオレンジが特徴的です。

黄色とオレンジの体色がとても美しく、さらにヤマメのような縦ラインが入ったカラフルな色彩の熱帯魚です。

とても美しい熱帯魚で最近になって急激に人気が出ている熱帯魚でもあります。

実はこのオレンジグリッター・ダニオ、最近になって輸入されてくるようになった熱帯魚なんです。

特に水草水槽で群泳させるととても美しく見応えも充分です。

別名グローライト・ダニオとも呼ばれています。

どの種類の熱帯魚?

オレンジグリッター・ダニオはコイの仲間です。

コイの仲間とは思えないほど美しい魚として有名です。

ダイオの仲間になりますので、とにかく活発に泳ぎ回ります。

故郷はどこ?値段は?

故郷はミャンマー北部のイラワジー川です。

値段は1匹300円~です。

どれぐらいの大きさになるの?

体長は3~4cmぐらいになります。

小さい体ですが、存在感のある熱帯魚です。

飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

性格は非常に温和でおとなしいです。

大きさの違いすぎる魚や攻撃性のある魚以外は混泳可能になります。

単体で飼育すると調子を落としてしまうので、ある程度まとまった数を飼育するようにしてください。

活発に動き回るので、若干うざいかもしれません(笑)。

水温・水質について

好む水温:20~27℃前後
好む水質:弱酸性~弱アルカリ性

水質にそれほどうるさくないので、一度落ち着いてしまえば、飼育は容易です。

適応できる水質の範囲は広いのですが、中性から弱アルカリ性の水質を好みます。

しかし、弱酸性の環境でも全く問題なく飼育出来ます。

急激な水質の変化はストレスになりますので、導入時の水合わせはしっかりするようにしてください。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★☆☆☆☆
水質の適応範囲も広く、慣れてしまえば丈夫な魚なので、初心者の方におすすめです。

餌は何でも気持ちいいくらいよく食べます。

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は2~3年ぐらいですが、うまく飼育すれば5年生きる事もあります。

オレンジグリッター・ダニオは丈夫な魚なのですが、急激な水質・水温変化でコショウ病を発症しやすいので、注意してください。

オレンジグリッター・ダニオの繁殖

オレンジグリッター・ダニオの繁殖

繁殖は容易?オスとメスの見分け方は?

オレンジグリッター・ダニオは繁殖が容易です。

オスとメスの区別がとても難しいです。

オスはスマートな体型をしていて、メスは抱卵でお腹が大きくなります。

繁殖について

水槽内にオレンジグリッター・ダニオのオスとメスが数匹いる状態で飼育していれば繁殖します。

オスがメスを追いかけるようになると産卵間近です。

オスとメスが寄り添うような形で、卵をばら撒きます。

卵をネットなどですくって隔離する事が必要です。

他の魚もですが、親魚も産み落とした卵を食べます。

繁殖を狙うのであれば、卵を隔離するか、小さな穴の開いたプラスティックのケースやウィローモスなどの水草を入れておくようにしましょう

卵は3日ぐらいで孵化します。

孵化してから2日ぐらいしたら、稚魚にブラインシュリンプや細かく砕いた人工飼料などを与えるようにしてください。

稚魚は水質の悪化に弱いので、水換えは定期的に行うようにしてください。

飼育のコツ・注意点は?

飛び出し注意!!

オレンジグリッター・ダニオですが、ダニオの仲間なのでとにかく活発に泳ぎ回ります。

その為、水槽の外へすっ飛んでって、気が付いたら・・・なんて事もよくあります。

初心者でも飼育しやすい熱帯魚なのですが、飛び出し事故には注意をしてください

水槽の水位を上げ過ぎないようにするか、フタをするようにしてください。

水質・水温の急激な変化には注意!!

オレンジグリッター・ダニオはとても丈夫な魚です。

しかし、水質・水温の急激な変化はストレスになり、病気になってしまう事があります

オレンジグリッター・ダニオはコショウ病を発症しやすいので、特に注意してください

餌のあげすぎ注意!!

オレンジグリッター・ダニオは気持ちいいくらいに餌をよく食べます。

だからといって、いくらでも餌を与えないようにしてください

餌のあげすぎにメリットはありません。

基本的に熱帯魚はそこまで餌を必要としないので、少ないかなぐらいの量であげるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はオレンジグリッター・ダニオついて紹介しました。

オレンジグリッター・ダニオはとにかく美しい熱帯魚です。

活発に泳ぎ回りますし、餌の本当によく食べるのでとても可愛いです。

ただ勢いあまって水槽の外に飛び出してしまう事があるので注意してください。

とても丈夫な飼育しやすい熱帯魚なので、ぜひ挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!