ホーム熱帯魚図鑑

鮮やかな赤色のナノフィッシュ

ボララス・ブリジッタエを飼育しよう!!

ボララス・ブリジッタエを飼育しよう!!

熱帯魚の中でも随一の鮮やかな赤色を誇る『ボララス・ブリジッタエ』。

大きくなっても2cmほどのとても小さく、非常に人気のある熱帯魚です。

そんなボララス・ブリジッタエの飼育について特徴・飼育のポイント・繁殖などご紹介します。

どうぞ、ご覧ください。

<広告>

ボララス・ブリジッタエってどんな熱帯魚?

学名:Boraras brigittae

分類:コイ目コイ科ボララス属

ボララス・ブリジッタエの特徴は?

熱帯魚の中でも随一の鮮やかな赤色を誇り、各ヒレに赤いスポットが入った熱帯魚です。

観賞魚として世界中で親しまれている人気の種類で、『ナノフィッシュ』と呼ばれる事もあります。

体長は大きくなっても2cmほどで、とっても小さく可愛い熱帯魚です。

飼い込む事で体色がオレンジから赤に変わります。

このボララスというのは1993年に出来た新しい分類で、『ラスボラ』の前後を入れ替えたものです。

ちなみに『ブリジッタエ』は命名した方の奥さんの名前に由来しているそうです。

ボララス・ブリジッタエはどの種類の熱帯魚?

ボララス・ブリジッタエはコイの仲間です。

昔はラスボラの仲間とされていましたが、今はボララス属に属する熱帯魚です。

ボララス・ブリジッタエの故郷はどこ?値段は?

故郷はボルネオ島やスマトラ島などです。

値段は1匹200円~です。

ボララス・ブリジッタエはどれぐらいの大きさになるの?

体長は約2cmぐらいになります。

とても小さいのでナノフィッシュの愛称で呼ばれたりします。

ボララス・ブリジッタエ飼育のポイント

性格は?混泳は可能?

性格はとても温厚ですが、非常に臆病です。

混泳は可能ですが、注意が必要です。

小さい魚なので、食べられてしまう可能性がありますし、とても臆病なのですぐ隠れます。

隠れ家を作ってあげるようにしてください。

群れで泳ぐ習性があるので、10匹以上で飼育すると良いです。

しかし、群れで水草の陰に隠れて出てこない事もあるので、ボララス・ブリジッタエだけで飼育した方が良いかも知れません。

水温・水質について

好む水温:22~28℃
好む水質:弱酸性~中性

ボララス・ジブリッタエは、丈夫な魚なので、初心者の方でも飼育しやすい熱帯魚だと思います

非常に小さい魚なので、導入時の水質変化には注意が必要です。

飼育難易度は?餌は?

飼育難易度 ★★☆☆☆
飼育自体は簡単ですが、小さい魚なので注意が必要な面もあります。

餌はフレーク、粒状の餌がオススメです。

ボララス・ブリジッタエは小さい魚なので、ちゃんと食べられる大きさにしてあげる必要があります。

隠れている事が多い場合はちゃんと餌を食べているか確認してあげてください。

寿命は?かかりやすい病気は?

寿命は2~3年程度です。

ボララス・ブリジッタエは丈夫な魚なのであまり病気はしません。

水質変化によってコショウ病を起こす場合があるので注意してください。

ボララス・ブリジッタエの繁殖

繁殖は容易?オスとメスの見分け方は?

ボララス・ブリジッタエですが、状態良く飼い込めば繁殖は可能です。

オスとメスの見極めですが、ちょっと難しいです。

オスはメスに比べると小さく細い体つきをしていて、全体的に赤いです。

繁殖について

まず、オスがメスを追いかけるようになります。

メスは卵をばら撒くような感じで産卵します。

ウィローモスなどを入れておくと良いと思います。

産卵したら親魚と卵を隔離するようにしてください。

卵を産んだ後親魚は一切世話をしませんし、食べてしまう可能性もあります

卵を産むのは早朝が多く、うまくいけば毎朝数個の卵を産みます

卵は大体24時間で孵化します。

孵化した後1日経ったら餌を与えるようにしてください。

稚魚は小さいので、まずはインフゾリアなどを与え、ある程度大きくなったらブラインシュリンプを与えるようにしてください。

飼育のコツ・注意点は?

混泳は可能。でも注意が必要

ボララス・ブリジッタエは混泳は可能なのですが、小さい為注意が必要です。

魚は口に入るサイズのものを餌と認識します。

その為、ボララス・ブリジッタエが口に入ってしまうような大きさの魚との混泳はさせないようにしてください

隠れ家は多めに準備してあげる

ボララス・ブリジッタエはとても臆病な魚です。

群れを作って泳ぐ習性があるので、10匹以上での飼育をオススメします

群れで隠れる事もあるので、隠れ家は多めに準備してあげてください。

繁殖を狙うんなら単独飼育!!

ボララス・ブリジッタエは繁殖も狙える熱帯魚です。

しかし、小さい魚なので、稚魚は他の魚や親魚にすぐ捕食されてしまいます。

その為、繁殖を狙うのであれば、単独飼育をした方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ボララス・ブリジッタエは鮮やかな赤色が美しく、とても小さい可愛い熱帯魚です。

丈夫な魚なので、飼育は容易ですし、繁殖も十分狙えます。

初心者にオススメの熱帯魚ですので、ぜひ、挑戦してみてください。


この記事が役に立ったらシェアお願いします!!