ホーム病気について

エピスチリス症の症状と治療法

6分

エピスチリス症の症状と治療法

季節の変わり目や生体の導入時・追加時に要注意の病気エピスチリス症(通称ツリガネムシ症)。

熱帯魚の体表に白い点や綿みたいなものが出来る病気です。

白点病によく似ていますが治し方や対処法が違います。

熱帯魚がエピスチリス症になるとどうなるのか?具体的な症状と治療法、さらに原因や予防する方法をご紹介します。

熱帯魚の体に白い点や綿のようなものが付く病気で、塩浴や薬浴による治療が効果的、魚病薬は症状によって異なります

ちゃんと治療しないと大変な事になっちゃうかも!?

どうぞ、ご覧ください。

熱帯魚がエピスチリス症になるとどうなる?症状は?

エピスチリス症は小さな白い点や綿のようなものが付着する病気です。

この病気から細菌感染症の二次感染を招きやすく、治療せず放っておくと被害が大きくなります。

それでは具体的な症状をみていきましょう。

初期症状

白点病のような小さな点が数箇所見られます

魚の呼吸が大ぶりで深くなったり、ヒレをピクピク動かすようになります。

次第に拡大し、患部が他の場所に移ったりします。

この段階では、白点病と同じ治療方法でも完治が可能ですので、すぐに治療を行いましょう。

中期症状

病気が進行すると水カビ病のような白いモヤ状になります

水カビ病に比べると菌糸が短く、白が強い為、見た目で判別できると思います。

白い点の部分の鱗が部分的に立鱗し、充血し鱗が脱落します。

魚は体を擦り付けるようなしぐさを見せるようになります

末期症状

表皮に腫瘍が出来たり、穴あき病のようにうっ血したりします

水面を力なく浮遊するようになり、餌を食べなくなります

この状態になると二次感染で他の病気にかかる可能性がとても高い為、被害が大きくなります。

エピスチリス症は初期症状では白点病、中期症状では水カビ病に似た病気です。

しかし、エピスチリス症は魚体を水中から出すと白い部分が見えにくくなり、鱗が変色したように見えるのが特徴的です。

白点病に似てるけど、水から出すと白い部分が消えちゃうよ!!

ヒレにも寄生しますが、鱗(うろこ)の表面に寄生するので、鱗の間に症状が見られる場合は他の病気を疑って下さい

エピスチリス症の治療法

エピスチリス症の治療法

エピスチリス症は健康な魚には感染しないので、まず病気の魚を隔離します

水温を上げて薬浴するのが効果的です。

25℃以上にすると治療効果が高まります。

白い点が見えるだけで潰瘍になっていない初期症状の場合、グリーンFヒコサンZなどを使って薬浴を行います。

症状が進み剥げた鱗から別の感染症を引き起こす場合が多いので、炎症を起こしている鱗はピンセットなどで除去してあげた方が、治りが早く鱗も綺麗に再生します。

腫瘍や穴あき病のようになっている場合は、エルバージュグリーンFゴールドなどを使って薬浴を行います。

二次感染の防止や自然治癒力の後押しの目的で、薬浴と同時に5%の塩浴を併用してあげると良いです

治療期間ですが、2週間から1ヶ月以上と長い期間を必要とします

剥げた鱗が再生するまでは二次感染の疑いがあるので、そのまま薬浴を継続もしくは5%の塩浴に切り替えて様子を見てあげましょう。

初期症状の場合はグリーンFかヒコサンZ、症状がひどい場合はエルバージュかグリーンFゴールドだよ!!





エピスチリス症の原因は?

エピスチリス症は繊毛虫であるエピスチリス(ツリガネムシ)の着生が原因で、発生時期は季節の変わり目である春から秋が多い病気です。

このエピスチリス自体は淡水中の水草などに多く存在しており、細菌やプランクトンなどを餌として、水質浄化の役目を担っています。

つまり、エピスチリス自体は淡水中には必須の存在であり、熱帯魚にも害はありません。

水質浄化の役目を担っているので、もちろん水質が悪化すれば改善の為に増殖します。

傷付いたり、免役機能が低下した魚の患部に付着する事によって症状が進行します

エピスチリスは魚から栄養を吸収する事はなく、魚体に着生の場を提供してもらっているだけです。

エピスチリスの着生が引き金となって、別の病気を起こしやすく、被害が大きくなる事が多いので、早期発見・早期治療が大切です。

このエピスチリス症は病気自体よりも二次感染の方が怖いんだよね!!

予防するには?

エピスチリスが増殖しているという事は、水質が悪化しているという事になります。

定期的なメンテナンスをしっかりし、水質を維持するようにしましょう。

エピスチリス症を発病した場合は、怪我をしていたり、他の病気で穴が小さな穴があいているなど、魚自体に問題があると考えてください

その為、熱帯魚が怪我をしたりしていないかを毎日観察し、怪我をしていたら治療してあげる事も予防方法になります。

熱帯魚が怪我をしてしまった時の対処法は他の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

まとめ

この病気自体はそこまで怖い病気ではないのですが、二次感染がとても怖い病気です。

水質が悪化するとそれを改善する為にエピスチリスが増殖し、弱った魚が発病する事が多い病気です。

逆に言うと、しっかりメンテナンスして水質管理を行えば、ある程度防げる病気だという事になります

白点病や水カビ病ととてもよく似ていますが、エピスチリス症は水から上げると白い点が見えにくくなります

エピスチリスが着生しても直ちにダメージが出る事はありませんが、二次感染を起こしてしまうとエピスチリス症と感染した病気の両方の治療が必要になる為、魚には大きな負担がかかります。

他の病気との見極めが難しいですが、早期発見・早期治療をしてあげる事がとても大切です。



水槽屋.com
水槽屋.com

この記事が役に立ったらシェアお願いします!!